プロフィール

mai

Author:mai
昨日もテツマニ。
今日もテツマニ。
明日もテツマニ。
でも師と仰ぐのは酒井雄二。
美容とかダイエットとか書いてあるものには惹かれないが、「頭がよくなる」と書いてあると、多少怪しくてもグロテスクでも試してみてしまう。
カッパとカエルのキャラクターものに弱い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
セルゲイ苗場24日~ライヴ後お楽しみタイム:バリさんDJイベント編~
そんなこんなな苗場話第2弾!

24日のバリK~んさんDJイベントの話に続きます。
ライヴ感想文書く順番が無茶苦茶になりそうですが、横のカテゴリーのとこで1公演ずつまとめてありますので、
そうやって(どうやって)見て下さればと思います。
そっか、ブログのカテゴリーっていうのは、こういう風に使うものだったのですね発見!
何しろ本館のカテゴリーは、ブログ始めてから今日に至るまで、「ゴスペラーズ」以外のカテゴリーの必要性を全く感じなかったもので、
使いこなせてなかった、使いこなせてなかったですよ!
なるほど便利ですー。
でも本館のカテゴリーは増やさないですけども。←何その態度。

24日のバリさんイベントは、妹尾ちゃんコンサート第3部が終わってから行ったので、
たぶん私たちが会場についたのは3:30近かったんじゃないかと思います。
もちろん計測は腹時計です。←?
今年から場所が変わり、5号館1階 宴会場「三国」での開催でございました。
前回までの陸の孤島バリ小屋は、屋外の渡り通路を雪の中歩いて行ったり、トイレがとんでもない位置についているので、
苗場に棲む未確認生命体ナエゴンに遭遇するんじゃないか(誤)と手に汗握って真夜中の駐車場を彷徨ったりしたものですが、
今回の会場は屋内だったし、疲れたら休むところがたくさんあったので、会場の外見的ライヴハウス度は下がりましたが、
私としては、疲れたカラダにもやさしい、なかなか気持ちよく参加できる会場だったなと思います。

話は戻って、3:30頃(推定)会場についた私たち。
その頃には、もうすっかりClubバリK~んは温まりきっていました。
ついた時は、CHAPさんが回しておられたような。
そして、間もなくバリさんにバトンタッチとなる刻限でございました。
とにかく、真っ先に目についたのは、会場の後ろ壁にズラズラと並んだテムポ旗!
あのハートの中に「ソウルテムポ」の入ったマーク、大好きなのですー!
何ていうか、消毒済!みたいな滅菌無菌のオシャレじゃなくて、ちょっと汗くさい感じのオシャレ感がたまらない!キー!(思い出し盛り上がり)
そんなテムポ旗に目を奪われたのもつかの間、ふと気付くとかかっているのはゴスペラーズの曲!
次の曲に移ると、何とゴスペラーズの曲が!
その曲が終わると、あらッ!ゴスペラーズの曲が!
次の曲に移ると、何とゴスペラーズの曲が!
その曲が終わると、あらッ!ゴスペラーズの曲が!
次の曲に移ると、何とゴスペラーズの曲が!
その曲が終わると、あらッ!ゴスペラーズの曲が!
次の曲に移ると、何とゴスペラーズの曲が!
その曲が終わると、あらッ!ゴスペラーズの曲が!
次の曲に移ると、何とゴスペラーズの曲が!
その曲が終わると、あらッ!ゴスペラーズの曲が!

そういうわけでした!←何が。

もう終盤の、一番盛り上がってる時間帯から行ったので、私の記憶が確かなら(料理の鉄人の鹿賀丈史さんのモノマネで)、
この時は、ゴスペラーズの曲以外の曲は、1曲しかかかってなかった気がします。
そして、参加の皆さんはかかる曲かかる曲、一致団結して大熱唱しておられました。
そのあまりにも一丸となり切った空気に気圧され、何だか今頃から来てごめんなさいとか思いながら(笑)、
この日しか会えない仲間を探してキョロキョロしていたところ、一緒に行ってくれてた友達が、「涙香がいるから!」と言い、
いいよいいよ私は後ろでいいよと念仏のように唱えている私を、驚くべきファンタスティックな離れ業で(笑)、前のほうに連れて行ってくれました。
あれは本ッ当にスゴイ技でした(笑)。←何。

そんなこんなで、比較的前のほうについたところ、そこには本当に涙香氏が。
涙香氏は、テムポの赤Tシャツを身に纏い、ひと風呂浴びてきたっぽいサラッサラの髪の毛で、ものすごいゴキゲンな様子でした。
ほんっとにてっちゃんや涙香氏は、赤がよく似合って、この時も実に実に素敵でした!
涙香氏は、ジョージア(推定)の缶コーヒーを飲みながら、「ほんとは酒があるといいんだけどな!」と言いながらも、
コーヒーで酒並みにハイテンションになっておられたようにお見受けしました。
全く、カフェインというやつは、なかなか侮れないです(無関係)。
この日の涙香氏は、何だかおネエさんになっておられ(笑)、ゴス曲の中でも、
バリさんが「GOD BLESS YOU」とか、「終わらない世界」とか、涙香氏の何かの琴線を刺激する曲ばかりを見事にチョイスしておられるため、
新しい曲に切り替わるたび、涙香氏はマイクに頬を寄せ、「アタシ、この曲大好き~♪」と裏声で(笑)。
そして、「2人のラヴ・ゾーン」がかかった時には、涙香氏、歌おうとしたけど歌詞が思い出せないらしく、
「もう♪バカん♪わからない♪」というフレーズを、終始リズミカルに発し続けておいででした(笑)。
でも、「ひとつ聞いていい?」だけは、ものすごい男前な声をマイクに流し込み、
お客さんがキャーと言うと、そりゃーもう口では表現できない表情で、ニヤーとしていらっしゃいました(面白すぎる)。
他のゴス曲は、自分のパートを本人自らエアヴォーカルしたり(笑)、北山さんのパートを好んで歌ったりと、
最後までとっても楽しそうな顔しておられた印象が強かったです。

DJイベント後、どう~しても今日会いたい仲間が3組いたので、かなり必死なモードで苦手な携帯メールを打って探したところ、
奇跡的に3組全員に巡り会うことができました!
や~、ほんっと嬉しかったです!
時間が足りなかったり、私が変だったり(駄目)、ほんとはもっと語り合いたかったので少し残念。
次はもう少し真人間になっているはずですので、お見捨てなく遊んでくだされば嬉しいですー!
Nちゃん、Tちゃん、初めて会えて&再会できてとってもハッピーでした!!
2人とも素敵なレイディだから、少し緊張しましたという割りには、ものすごい何回も会ってるみたいな態度をとってしまった気がします(笑)。
Nちゃんの「ちが~う!maiちゃんじゃな~い!」というのは、どう違ったのか実はかなり気になります(笑)。
でもあの日の私の間違ったファッションは、二十年来の友達にも、
「ちが~う!maiちゃんじゃな~い!」と言われても仕方がないくらい間違っていたと、自分でもかなりのイキオイで思っています(笑)。
2日目は、もう少しマシなカッコウだったんですよ!
・・・たぶん。←待。
次はいつ会えるかわかりませんが、ぜひまた!
ピンクのTシャツのSさん!
あの例の缶の件は、私も心から反省しておりますので(笑)、もう今後は過剰に期待に応えようとして人の道を踏み外さないようにします。
だから今回だけ見逃してもらうわけにはいかないでしょうか(笑)。
別バージョンのTシャツ、楽しみにしていますー!
Tさん、今回はいっぱい探さないといけない仲間がいたので、あまり話せずごめんなさい!
また例の会で共に秋の木の実を食しましょう(謎)。

その3組の他にも、姫路で一緒だったKさん、いろんなとこでちょこちょこ出会うMさんとNさんなど、
もう私の好きな人ばっかりに出会えたので、24日はほんとにライヴ外でも実り多い一日でした。
そもそも、一緒に行った友達全員、最高のメンツですから、これで楽しくないはずがないという感じで。
みんなほんとにありがとう!
すごく楽しかったありがとう!

そんなバリさんイベントが終了し、会場の外に出ると、バンドメンバーの玉川さんや、杉野さんたちが、
ファンの女の子たちと語り合ったり、握手したり、写真を撮ったりしておられました。
それはもう、ファンキーなポーズで(笑)。
みなさん、元気で気さくで優しくて、すごく感じがよかったです。

さらに出口のほうに進むと、今度は宇佐美さんが、ファンの女の子たちと語り合っておられました。
一緒にいた友達が、なぜかものすごい熱心に(笑)、「ホラ!宇佐美さんがいるよ!自己紹介しておいでよ!」と勧めてくれましたが(なぜ)、
私は物陰派なので、例によって例のごとく、いや私はいいよいいよ自己紹介してもご存知のはずないよと言いながら、
遠目にその雄姿を眺めつつ、わー本物の宇佐美さんだ男前ーと思ってそっと通り過ぎようとしていたのです。
そしたら友達が、「待って。私が宇佐美さんと話したいから」と言い、いつの間にか、会場で再会したKさんや、MさんやNさんも合流して、
宇佐美さんが他のファンのみなさんとの会話が終わるまで、待っていることになりました。
そして、私以外の全員が宇佐美さんと話しにゆき、私は目立たないように気配を消して離れた場所で待っていたところ。
何と話しに行った仲間たちは、
自分の自己紹介じゃなくて私の自己紹介をしてくれた様子。(なぜ)
まるで、家来が王様に謁見する時みたいに4人の友達が2人ずつサーと両端に分かれ、
正面に宇佐美さんがいる状態でガーと友達に手を引っ張られ、全く挨拶の言葉も考えてなかったのに、
王様・・・いや宇佐美さんにご挨拶するという、宇佐美さんファンの女性たちにダース単位で空き缶をぶつけられそうな展開と相成ったのでありました。
本物の宇佐美さんは(や、別に偽者がいるわけではなく(当たり前))、男前で知的で気さくで、
すごくファンの心中を気遣って下さってる大人の男性という感じでした。
そんな風に素敵な方だったわけですが、それより何より、ものすごく面白い方でした。(口惜)←口惜しがらない。
特に、こちらの発した話題を、絶妙にヒネって思いがけない方向に投げ返してこられる技の巧みなことと言ったら・・・!
ま・・・負けた・・・・ッ!!キー!!←勝つ気だった?!
実のところ、凄すぎてだいぶ口惜しいので(笑)、どう面白かったかはヒミツにして私の敗北を隠そうと思います。←何その負けずギライ。
最初に友達が紹介してくれた時、なぜか宇佐美さんのほうが「おぉー!」と言いながら握手を求めて下さり、
いやそれは私が宇佐美さんに対してとる態度ですよ!(笑)と思いながら握手してもらい、非常に感動しました。
そして、笑顔で「Be as Oneの全曲紹介はいつ書くんですかー。僕、全曲紹介とか好きなんですよ」と。
さらには、話しの流れの中で、「ああー、あの別館のほう。」と当然のような顔で(笑)。
ついには、「最初のほうは、まだフォントとかも使ってなくて、途中からフォントが使えるようになってくるんですよねー」と!(笑)
まさかに全部ご覧になったはずはないとは思いますが、私がフォントの使えなかったその最初というのは2004年のほんとに最初の最初。
あの、自分でさえ、書かなかったことにしてしまいたいような時期の話を、まさか2007年の苗場で宇佐美さんの口から聞こうとは!!(笑)
魂消すぎて、ほんとにいろんな回線が漏電した気分です(意味不明)。
宇佐美さんは、たくさんのファンと話しておられたし、片手にビールらしき飲料を持っておられた気がしますので、
私のことは憶えてらっしゃらない可能性も、結構な確率であると思うのですが(笑)、とにかく、とっても楽しかったですし、すごく感激しました。
ありがとうございました!
や、これは宇佐美さんのブログにお礼を書きに行くべきところなので、また目立たないようにそっと行って来ようと思います。

そして、紹介してくれた仲間たちにも、心からありがとう!
身も世もなく慌てましたが、やっぱり挨拶できたのはとてもよかったと思います。
いい仲間を持って私は幸せ者です。

そうそう。
ここに遊びに来て下さってるブログ保持者のみなさん。
宇佐美さんは言っておられました。
「いろんなHPを見に行くんですよー」と。
あなたのHPやブログも、フォントが使えなかった青の時代から、宇佐美さんが見て下さっているかもしれませんよ!(人差し指つきつけ)←?
よかったですねキャッ♪←道連れにする作戦発動中。


次は、25日のバリさんDJイベントの話に続きます(たぶん)。
スポンサーサイト
【2007/03/02 02:25】 | セルゲイ苗場24日 | トラックバック(0) | コメント(4) |
セルゲイ苗場24日~ライヴ後お楽しみタイム:妹尾ちゃんピアノリサイタル第3部編~
苗場の話ですが、まずは外堀から外堀から埋めていくことに決めました(思いつきで)。
戦略は大事です。
外堀から内堀へ、内堀から真田丸、真田丸から本丸天守閣へ。
そして天下統一。←何の話。
幕府を開く過程というのは、得てしてそういうものです(意味不明)。←いや別に幕府開かない。

そんなわけで、まずは苗場話第1弾!
セルゲイ苗場24日~ライヴ後お楽しみタイム~の話でございます。
つまりは、妹尾ちゃんピアノリサイタルと、バリK~んさんDJイベントの思い出話です。
これはレポと感想を別々にするのは何かが違うような気がするので、一緒に書こうそうしよう。

ううん。
本編を書きかけたけど、セットリスト思い出しから早くもつまづいたなんて、いやだわまさかそんなことあるはずが(ほほ笑み)。←嘘つき。

そんなこんなで、苗場24日は、同行の友達のおかげで、妹尾ちゃんピアノリサイタル 第3部2:30~に行くことができました。
本当に本当にありがとう!

苗場ライヴは開演時間が遅いので、ライヴが終わった頃には、深夜1時近かったような気が。
でも、時計は見てないので腹時計で計ったのですけども。←?
苗場1日目は、バリさんイベントのチケットを買った後、いったん部屋に戻って少し休んでから軽食をとり、
妹尾ちゃんコンサートに行ってからDJイベントに行くことにしました。
私はまだ一度も妹尾ちゃんコンサートに行ったことがないので、想像だけが先走ってゴールテープを切っては順位フラッグのとこに並んでゆき、
カラダは取り残されてどっきどきです(謎)。
場所は、苗場プリンスホテル内カクテルラウンジ シャトレーヌ(3号館1階)。←細。
シャトーと言ったら、森と泉に囲まれて静かに眠るやつしか思いつかない私としましては(何歳)、
そこにレーヌなんてオシャレな語尾がついたらもうどうなることか、全く想像がつかない状態です。←?
辿り着いたシャトレーヌは、さすがにレーヌがつくだけのことはあって(謎)、スタッフさんからしてもう、とんでもなく別世界な高級感。
私の24日の苗場ファッションは、まるで銀座『クラブmai』のママのようだと、友人一同に大好評(誤)のファッションで、
一言で言えばまたしても衣装選びに失敗したのですが、シャトレーヌ内においてだけは、
ある程度、勘弁してもらえたような気分になりましたありがとう。←何の礼。
シャトレーヌの中は、一段高いステージに純白のピアノが据えられ、客席から見たピアノ側の壁のほぼ全面が雪景色を望めるガラス張り。
椅子つきのテーブルが点在する適切な広さのラウンジと、ラウンジ後方には張り出すような形で、長方形のフローリングフロアがあり、
フローリングフロアには、暖炉や楽器を象ったオブジェが置かれていて、英国風の質実さを醸し出していました。
ラウンジの上には、細かい針状のガラスで作られたシャンデリア。
全体的に穏やかな照明で、客席の間隔もかなりゆったりとスペースをとってあり、心憎い控えめさで寛ぎの大人空間が演出されていました。
私は整理番号109番だったので、フローリングフロアの右端のほうに座を占めました。
そして、タキシード風制服のウェイターさんが飲み物の注文を取りに来られたので、
友達2人はオリジナルカクテル「Be as One」と「Platinum Kiss」をそれぞれ1杯ずつ注文し、
私は、去年のバリ小屋であんまりお酒が飲めないのに無理にオリジナルカクテル両方を飲んで、
半死半生になった経験を活かし(やな経験)、ここでは紅茶を注文しました。
そして、私の頼んだ紅茶は最後まで運ばれてきませんでしたが、気にしないでいいですよ店員さん。←根に持?
友達からカクテルを分けてもらったのですが、真紅の「Be as One」は甘くビビッドな大人の味、
純白の「Platinum Kiss」は爽やかな中にも凛とした自己主張のある味でした(グレープフルーツ&ウォッカベース)。
ところがどっこい(?)、今ふと気付いたんですが、そういえば私は食べ物を写真に撮る習慣がないので写真もないですし、←気付くの遅。
詳しくは、ちゃんと飲んだ人のブログを参照して下されば(放り投げ)。←ひと口しか飲んでない。

そうこうするうちに、妹尾ちゃんのコンサートが始まりました。
妹尾ちゃんは、白スーツに身を包み、相変わらず大人ダンディで、大変に素敵でございました。
1曲目は確かゴスペラーズの曲だったと思うのですが、失念しました。|_・)←?
たしか北極星・・・・?いや、讃歌・・・うう~ん、やっぱり讃歌じゃなかった気がする・・・。・・・月光・・・?いややっぱり北極星・・・?←もういいから。

2曲目(たぶん)は、「セルゲイといえば、僕の大好きなセルゲイ・ラフマニノフを思い出します」という語りから、ラフマニノフのピアノ曲。
実は私は、小学校から高校2年までピアノを習っていたので、すごく懐かしいフレーバーでした。

次は、妹尾ちゃんコンサートでは恒例の企画だそうで、お客さんにフレーズを弾いてもらって、
そこから妹尾ちゃんが膨らませて1曲作るという、兄さんらのファンの集いの時みたいな企画。
題して、「妹尾ちゃんと作ろう」のコーナー(笑)。
「自分で『妹尾ちゃん』というのも気が引けるのですが」と恥ずかしそうに語っていた妹尾ちゃんは、
まさに妹尾ちゃん以外の何者でもない妹尾ちゃんでした(意味不明)。
挙手制で、妹尾ちゃんに指名された2人の女性が、それぞれ3音ずつ弾いて、そこから妹尾ちゃんの手になる新しい曲が2つ生まれましたが、
どちらも即興とは思えない天上の旋律でした。
即興の2曲目のほうは、「ここには来てないけど、今日は北山さんの誕生日だから、お祝いの曲にしようかな」と、
妹尾ちゃんが優しい声で言っていたのが印象的でした。

最後は、「ゴスペラーズバラードメドレー」か「熱帯夜」かどっちがいい?という問いかけが妹尾ちゃんからあり、
あっさりと熱帯夜に決定。
雪の苗場で聴くピアノの熱帯夜は、いつもの兄さんらのライヴで聴く火炎放射器のような熱帯夜とはまた違う魅力があり、←どんな例。
熱した石炭の芯の部分のような、遠赤外線の心地よいアツさでございました(謎)。

妹尾ちゃんのピアノは、メロディアスな曲でもドラマチックに、旋律が華やかに歌い、
道の両側に明るい灯りがともったような気持ちになる、とても聴き応えのある演奏だったと思いました。
聴けてよかったな~と大満足です。

・・・うん?
何だか「今日が終わる前に」とかもあったような。
・・・うん?←記憶容量少。

ライヴ後、一緒に行った3人でアンケートを書いて提出し、私はCD販売終了5分前に妹尾ちゃんのCDを買ってサインカードをもらい、
わーとかウキーとか言いながら(言わない)、バリさんイベントへ向かいました。

(バリさんイベント編に続く)・・・はず。←?
【2007/03/01 02:10】 | セルゲイ苗場24日 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。