プロフィール

mai

Author:mai
昨日もテツマニ。
今日もテツマニ。
明日もテツマニ。
でも師と仰ぐのは酒井雄二。
美容とかダイエットとか書いてあるものには惹かれないが、「頭がよくなる」と書いてあると、多少怪しくてもグロテスクでも試してみてしまう。
カッパとカエルのキャラクターものに弱い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
まずはグッズの話からリターンズ~2007年たまりき会のある夏~
ソウ~~~~~ル・・・・・・・
パワー!!

というわけで(どんなわけ)、ソウルパワー東京サミット2007、日本武道館1日目感想文のかませ犬(違)としてお送りする今回の記事は、
去年、一部地域(?)で大好評を博したまずはグッズの話からリターンズ~2007年たまりき会のある夏~でございます。
要するに、ソウルパワーのグッズ紹介をしておいて、みんなの購買意欲をアオリ、
その儲けでてっちゃんにボーナスがいっぱい出て、欲しいCDをゴッソリ買ってほくそ笑んでもらおうという、
回し者もここに極まれりという企画のことです。←いや意味がわからない。


そんなこんなで、私がたまりき会東京のパーティー会場(違)に辿り着いたのは、開演時間の10分ほど前。
もうグッズ買う気まんまんで予算を計上して持って行ってたにも関わらず、あまりのギリギリ到着のあまり、
開演前にグッズを見に行くことはまるっきりできませんでした(駄目)。
や、日本武道館の最寄り駅の九段下から、私が宿をとった茅場町までは地下鉄東西線4駅で行ける上に、
茅場町の隣の門前仲町に6年間住んでたこともあり、見慣れた街並みについつい油断してしまって(謎の言い訳)。
あのあの、深川不動尊の鳥居の通りにあるつくだに屋さんでは、イナゴとかの虫のつくだにが買えるんですよ!
あのあの、富岡八幡宮の池にはザリガニがいますよ!←何かのフォロー?
そういうことでした(謎)。

そんなこんなで、終演後に見に行ったのですが、グッズ売り場がもう少しで閉まりそうになってたので、
今回のグッズで見に行けたものは、「ゴスペラーズ」「エナメルブラザーズ」「武田哲也」
「SOUL POWER SUMMIT 2007イベントグッズ」
の4種類だけでした。
マーチンさんのグッズが3~4種類くらいあるのは見えたんですが、他の参加ミュージシャンのグッズは全くチェックできなかったごめんなさい。
CD販売は、もちろん参加ミュージシャン全員分あったと思います。

それから、私のおぼろな記憶に基づく、全く当てにならないだいたいの値段である「おぼろ価格」については、
今回はほんとにおぼろです。
終演後にグッズを買ってるとき、突然、
てっちゃんの脱線トークをフォローしようとしてる時のヤングの発汗のような大豪雨がガー!!と降ってきて(どんな例)、
生まれてきてから今日までの悲しみや苦しみと共に、グッズ代金の記憶もすっかり洗い流されてしまいました(爽)。←ダメ。
そんなわけで、今回の「おぼろ価格」は、ほんと参考程度に考えてもらえればと思います。

そんなこんなで、まずはゴスペラーズのグッズ。
去年は、明らかに酒井雄二プレゼンツと思われるデザインの、そりゃもう素晴らしい、
欲しいとか買おうとか意識する間もなくサイフを無意識にフトコロから出してしまうような、
実に実にビストロビバーチェな夏ゴスグッズがところ狭しと並んでいましたが、今年はそんな時間はなかったようです(意味不明)。
基本的には、セルゲイグッズが並んでいたように思いますが、例の(?)ツアー終了間際から加わったグッズがあったので、
そのあたりが新グッズに見えるかなという構成。
もしかしたら、時間のなさのあまり、私が新グッズを見落とした可能性もないとは言い切れないですが、
たぶんソウルパワー用のゴスグッズはなかったような気がしました。
今年も酒井さんデザインの夏ゴスグッズをものすごく楽しみにしてた私としましては、レコーディング作業完パケ後に、
おなかぺこぺこの状態で寄ったスシ屋さんで、「すいません、ウニは品切れなんですよ~」と言われた時の
ヤングのような気分になったことは否めない(足下の小石蹴り飛ばしつつ)。←スネない。

とりあえず、セルゲイツアーの時に買えなかったり、これあったっけ?と記憶がおぼろな物品を買ったので、新グッズ扱いでご紹介。

ゴス(Tシャツ)

Tシャツ(紫・緑)
おぼろ価格:3000円~3500円
これは、今回の新アイテムじゃないかと思う。
セルゲイツアー後半で加わった、コラボTシャツと同じデザインだが、あのTシャツは水色とオレンジっぽい色の2色だった。
写真では少し色目が暗く写ってしまったが、ブルー&オレンジの時と同じく、ポップでかじりたくなるような、
おいしそうな色のTシャツ(謎)。
関係ないが、セルゲイツアーのスタッフさんや関係者は、このデザインの黒を着て歩いておられた。
黒も欲しい(口に指)。←何。


ゴス(エコバッグ)

エコバッグ(水色・黄緑)
おぼろ価格:1500円~2000円くらい?
これは、セルゲイツアーグッズの後半にも確かにあったが、その時は売り切れで買えなかったので、私の中では新グッズ扱い(?)。
水色も、黄緑も、どっちもとっても色が明るくてかわいい。
もったいなくて開けてないのでわからないが、たぶん防水?
もったいなくて開けてないのでわからないが、たぶん手提げ型?←何の役にも立たないコメント。

ビーチサンダル(緑)
おぼろ価格:2000円くらい
これもセルゲイツアーの終盤で登場してた気がするが、はっきり覚えてないので私の中での新グッズ扱い(?)。
買ってないので写真もないが、既にゾウリ型になっているビーチサンダルではなく、
まんまるの1枚板に鼻緒のついたゾウリ型の切り込みが入れてあり、自分で切り取るシステム。
最初見たときは、水ぐもかと思った。(※水ぐも=忍者が堀を渡るときに履く、水上歩行用まんまるゾウリ←?)
ほんとに水ぐもだったら、まず間違いなく買っていた。
そしてきっと、ライヴ帰りの足で、千鳥ヶ淵での水上歩行を試みてしまったことだろう。
危ない危ない。←何が。

次にエナメルブラザーズのグッズ。
エナメル兄弟(帽子)1


エナメル兄弟(帽子)2


キャップ(白・黒)
おぼろ価格:3000円くらい
エナメルブラザーズグッズは、今回はキャップだけの模様。
下の写真はオフホワイトっぽい色に写ってしまったが、実際は真っ白に近い色のキャップに、
金のスパンコールで「ENAMEL BROTHERS」の文字がウロコっぽくつけてあって(誉め言葉?)とてもオシャレ。
側頭部のワッペンは・・・エナメル靴ッ?!←気付くの遅。
同デザインの黒のキャップもあったが、こちらも金色のウロコっぽいスパンコールがオシャレな逸品。
それにしても、白黒バイカラーは今期の流行真っ只中らしいが、それをチョイスするとはさすが。
エナメルなお2人に、このオシャレどろぼう!と賛辞を投げかけたい。←それは賛辞?

それから、武田哲也のグッズ。
武田哲也1


武田哲也2


万能サイフ(?)(オレンジ・緑と青か黒か、とにかく3色)←何そのおぼろ具合。
おぼろ価格:1500円・・・くらい?

武田哲也のグッズも、この万能サイフ(?)ひとつだけ。
手のひらサイズの小さめの小物入れで、全体的にビニール系の濡れても爽やかな素材(?)。
中を開くと、いろんな用途に使える万能ポケットがたくさんついている。
いつか私が本館Heart&Soulで書いた「セルゲイ何でもベスト3」に通ずる物品だと思ったことはひみつ。←?
素材と言い、何だかものすごく丈夫な金具がついている点と言い、釣り人チョッキを思わせる機能的なデザインと言い、
どうやらこれを腰につけてマグロの遠洋漁業にレッツゴーというニュアンスが感じられる(間違)。
とにかく、買った瞬間から、海が、海が呼んでいる(意味不明)。

そして、「SOUL POWER SUMMIT 2007イベントグッズ」
たまりき(パンフ)

パンフレット(入れ物付)
おぼろ価格:2000円~2500円くらいだったと思うたぶん
相変わらず、超豪華な内容のパンフレットセット。
マーチンさん、ゴスペラーズ、スクープオンサムバディ、東方神起、エナメル兄弟、武田哲也のファンには、特に美味しい内容。
東方神起のコーナーには、てっちゃんとTAKEさんが普通に混じっているので、
一瞬、「東方神起のメンバーに、てっちゃんソックリの人がいるッ?!」と相当なイキオイで魂消ること請け合い(違)。
去年のパンフにはついていたウチワが今年はないが、その分、入れ物がかなり上等になっている。
丈夫なビニール製で、底幅が8センチくらいあってかなりの容量入るので、プールの水着入れとしても使えばいい。←?
ちなみに、この写真のパンフレットの裏(というか、写ってるほうがほんとは裏)には、出演メンバーの写真がついているが、
そっちの面を上にして写真をとって載せるようなチャレンジャーな真似は、さすがにできない(謎)。


たまりき(Tシャツ1)

たまりき(Tシャツ2)

Tシャツ(黒・赤)
おぼろ価格:3000円くらい
とてもシッカリした素材でできているTシャツ。
赤Tシャツのほうも、オトナっぽい濃赤なのでケバケバしい感じではなくていい色だと思う。
背中には、去年と同じく、出演メンバーの名前がプリントされている。
たぶん、ゴスTシャツでなく、こっちのTシャツの方だったと思うが、
サイズ選択の際、「アメリカンサイズのため、通常のサイズより大きいですが・・・」と言われるので、
女性は普段よりワンサイズ下を選んでもいいかもしれない。
着て確認したわけではないので断言はできないものの、私は普段MサイズのところSサイズを買ってみたが、
Sサイズでも相当なイキオイで大きい気がする。
もしこれでMサイズを買っていたら、2人羽織ができたかもしれない(謎)。


たまりき(タオル1)

たまりき(タオル2)

マフラータオル
おぼろ価格:1700円くらい
丈夫な素材のマフラータオル。
厚みは普通のゴスペラーズグッズのマフラータオルくらい。
左に「TOKYO SUMMIT」、右に「NANIWA SUMMIT」の文字が入っている。
方角的には右が東で、左が西なので、東京となにわの文字位置が逆でないのが惜しい気もするが、
裏から見たり、上下をさかさまにすれば特に問題ない(意味不明)。
そういえば、赤が基調の面が表と思い込んでいたが、むしろ裏側がほんとは表なのかもしれないと今気付いた(謎)。


たまりき(ストラップ1)

たまりき(ストラップ2)

たまりき(ストラップ3)

携帯ストラップ
おぼろ価格:1500円くらい
ソウルパワーサミットのシンボル、ミラーボールを模した携帯ストラップ。
全体的に銀色で、ミラーボールの他にもうひとつぶら下がってる意匠は、「SOUL POWER」の文字がデザインされたもの。
ミラーボールのヒモは、ラインストーンになっていてキレイ。
ただ、ミラーボール部分は、重量的には軽いが、大きさは侮れないサイズ。
かなり大きめのライチか、目玉おやじくらいの大きさはあると思っていたほうがいい。←どんな。
そして、一番上の写真のように、ガチャガチャのケースのような入れ物に入って売られているのだが、
このケースは、たぶんみんなが想像しているよりも100倍くらい容易には開かない(どういう意味)。
これを開ける時には、気力・体力・精神力・握力・念力・爪力・目力、その全てを動員する必要がある。←?
ひとつアドバイスできるとすれば、ケースの上下のうち、下側にあたる、やや不透明な方の片割れは柔らかく、
上の透明な方の片割れは固い素材でできている。
ムキー!と押して形を歪めて開ける時には、不透明な方をターゲットにしたほうがいいと思う。
みんなの健闘を祈りたい(謎)。


とりあえず、今回私が買ったグッズはこれで全部です。
あとはなにわで補完しますフフフ。←まだ買う気?!

・・・・・・ハアアッ!!
なにわまで後1週間なくなってるー!(焦)
るー!(慌)←やっぱり今回もまだ準備してない。
スポンサーサイト
【2007/08/05 10:48】 | ソウルパワーサミット2007東京1日目 | トラックバック(0) | コメント(6) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。