プロフィール

mai

Author:mai
昨日もテツマニ。
今日もテツマニ。
明日もテツマニ。
でも師と仰ぐのは酒井雄二。
美容とかダイエットとか書いてあるものには惹かれないが、「頭がよくなる」と書いてあると、多少怪しくてもグロテスクでも試してみてしまう。
カッパとカエルのキャラクターものに弱い。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
苗場25日ライヴ後お楽しみ:バリさんDJイベント編2
そんなわけでさっきの続きです。
ごく少数の山田ひろ子(偽名)ファンのみなさまに、熱い愛を込めて送る(不要)、いつまで苗場の話第2弾!
苗場25日ライヴ後お楽しみ:
バリさんDJイベント編2~黒ぽん状の謎の人物現る~
でございます!

前回は、ラヴマシンに変身したユージ・サカイが、ナットウ星人に乗り移られたT-ムラカミに、
無理やりナットウを食べさせられて泣いているヤングを救うべく、勇敢にもドアを破って飛び込んだところまでお話しました。

・・・・・・・・・・・・。

ううん。
ただちょっとフツウに書き始めたらつまんないかなーと思って、思いがけないことを言ってみた方がいいかしらと思っただけなので、
気にしないで下さい。←そんなサービス精神は要らないから。
でも万が一、ナットウ星人とラヴマシンの死闘の話のほうがよければもちろんそちらのほうの話を(よくない)。

まあそんなわけで、苗場25日のバリさんDJイベントで、いよいよ終盤に差し掛かり、本格的にゴスペラーズ曲コーナーが始まったところから。

さすがにゴスペラーズコンサートの番外編だけのことはあって、自威究さんの後半頃から始まったゴスペラーズ曲コーナーでは、
前のほうに詰め掛ける人もグッと増え、大変な盛り上がりでした。
私たちは後ろの椅子のところにいたので、しかとはわかりませんでしたが、どうやら涙香氏もまた出てきている様子でした。

椅子のほうに行ってからそんなに時間は経ってない頃だったと思うのですが、友達がちょっと飲み物買ってくるーと、
会場外のドリンクコーナーへ行ったので、私は椅子の並んでるとこの前列真ん中あたりに一人で座り、
わーと思いながらボーとしていました(矛盾)。

すると、結構椅子部分のすぐ近くにあるお客さん用出入り口のあたりがにわかに騒がしくなり、
突然にアフリカ人食い蟻の群れの大移動のような、人の密集スポットができあがりました(謎)。←何その例。
ヤジ馬気分がほとんどない私が、ボーと座ったまま、人の集まってる入り口のほうを見ると、そこにはどこか見慣れた頭がひとつ。
あれは・・・・!
涙香氏の頭。←背が高いので、人が集まっても頭だけ見える(笑)。
どうやら、客用入り口から、会場の後ろのほうに涙香氏が入ってきたようです。
会場の中の5分の1くらいの人が、何かを叫びながらそっちのほうに集まって行っていました。

もちろん私もそっちに・・・・・・行ってないです(笑)。
憚りながら、この物陰流裏千家免許皆伝・山田ひろ子(偽名)が、行くはずはなく(笑)、
やーいつものDJイベントじゃないんだから苗場ではさすがに無理じゃないかな~と思いながら、
椅子に座ったまま、そちらをボーと眺めていました(笑)。
それに、つつくほうからしたら一人ひとつつきだとしても、つつかれるほうからしたら100人につつかれたら100つつきなわけで、
つつかれた涙香氏から緑の汁とか出たら大変だと思い、←中身は何。
せめて自分の分のひとつつきだけでも、つつき数を減らしたほうがいいかなと思って。←どんな見解。
興味がないとかそんなわけはもちろんないんですが、涙香氏は、いざと言う時に備えて(どんな時)、
ひとりでこっそりゴスペラーズの歌をカラオケボックスで練習してるからゴスペラーズ曲が完璧に歌えるすごく歌の上手いDJさんで、
てっちゃんとは別人28号という対応をするのが、なんだか私は好きみたいです(謎)。
個人的な考えとしては、涙香氏が入ってきてもみんなで気付かないフリの小芝居をし(笑)、共に参加者として踊ったりお酒を飲んだり、
一緒にイベントを楽しんだほうが、互いに面白いんじゃないかなと思うのですが、今回私の意見は採用されなかったようで(←言ってない)、
人の群れは増える一方となり、涙香氏はものの20秒ほどで、また関係者入り口のほうに戻られたようでした。

でも、涙香氏のおかげで、人がわーと集まっていった時に集まっていかない人を見回したら、
さっきまで人が多くて探せなかった、広島やこの前の福岡のDJイベントで会った友達や知り合いをたくさん見つけることができました。
前日、25日もいますと言ってた仲間を、人が多くてその時点まで見つけられなかったんです~。
涙香氏の貴重なギセイは、けしてムダではありませんでした(笑)。
ありがとうございます!

その後は、戻ってきた友達と一緒に座って、流れるゴスペラーズ曲を聴きながら、これは生声だろうかそれともCD?と予想し合って、
時々椅子の上に登ってDJブースの様子を窺い(笑)、涙香がマイクのところにいるから生声じゃない?とか話して楽しみました。
ラストのバリさんのコーナーになると、涙香氏はずっとDJブースのマイクのあたりにいて、煽ったり少し歌ったりしていましたが、
かなり人が増えてきて一丸となってゴスペラーズ曲を歌ったり、フリをしたりしていたので、
私たちはいったん椅子のところに下がってからは、前には戻らず、そのまま終演まで後ろで遊んでいました。
GOD BLESS YOUのあの手をちっさく振って歩く踊りとかをしてる玉川さんを後ろから見ることができたり、
後ろにいてもとても楽しかったです。

そうこうしているうちに、DJブースに、
黒ぽんがよくかぶっている帽子とソックリの帽子をかぶった謎の人物(白っぽい服)がいることに気付きました。
パッと見、黒ぽんぽく見えるのですが、その謎の人物はものすごくリズムにぴったり乗っていて、
ソウルフルでカッコいい動きをしている
のです。←別にいいのでは。
かなり遠目なのではっきりと確認することができず、しかも、その日は白っぽい服を着たDJさんも何人かおられたので、
容易に結論が出ず、あれ黒ぽんじゃない?いやあれは違うよDJさんでしょう?と、なかなか意見がまとまらない私たちが、
ようやくあれはDJさんだという結論を出した時、
黒ぽんのソロアルバム「Love Anthem」の「Love a flava featuring SOYSOUL」と「Groovin'」(だったと思う)がかかり、
その謎の人物が歌い始めました。
あっ。
黒ぽんだった!!
ごめん黒ぽん。
でもあの時の動きは、DJさんかと見紛うぐらい、ものすごくオシャレでクラブっぽいカッコいい動きでしたよ!←それはフォロー?
それからしばらく、黒ぽんはDJブースの前で楽しそうに踊ったり歌ったりしてたのですが、
この時、國學院大学付属久我山高校コンビのアツい絆を目の当たりにしてココロを打たれましたわたくし。
スゴイの!
ほんとに感動的だったの!←何が。
黒ぽんがDJブースのマイクで歌ったりしてる時、Reflectionsがかかって、
バリさんが「てっちゃんに歌ってもらおうかー。てっちゃーん」と呼んでも涙香氏来なかったのに、
黒ぽんが「村上~?」と言いながら軽く探しに行ったら、入れ替わりでアッという間に涙香氏登場。
そしてReflectionsを涙香氏が歌いながらしばらくしたら、黒ぽんのソロアルバムの曲がかかり、
そしたら涙香氏が、「あ、これ黒沢の曲だから。黒沢~」と言いながら軽く探しに行ったら、
入れ替わりでアッという間に黒ぽん登場。

いやもうそのタイミングのスゴさが、面白くて面白くて(笑)。←?
そんな二人のラブ・ゾーン(違)に感心しているうちに、今度はDJブースに、黒の半袖Tシャツを着た北山さん登場。
北山さんは遠目にも北山さんだな~と、割合すぐにわかりました。
そして黒ぽんと同じように、楽しそうにDJブースのとこで踊ったりしておられたのはいいのですが。
やがて、DJブースのマイクのとこに涙香氏が来て、アオリを始めると、
なぜか北山さんはDJブースの脇にある簡易ステージの上に乗り、
どこからともなく取り出した黒いカメラで涙香氏の写真を撮っている。

しかも1枚パチリとかじゃなく、かなり長時間に渡ってカメラを構えている(笑)。
いや、北山さん。
涙香氏好きすぎです。
撮るのはいいとしても、その撮った写真はどうなさるのか。
酒井さんみたいに、「陽一的視点in苗場」とかいう企画があるのでもなければ、
「苗場の思い出・満面の笑みで楽しむ涙香」とかいうインデックスをつけて個人的なアルバムに貼って楽しむ(?)以外の用途は、ちょっと今思いつかない。
そして、そういうアルバムが北山さんの家にたくさんあるのを想像すると、ものすごく微笑ましい(笑)。
今回のカメラマン陽一氏による涙香氏撮影会(誤)で、北山さんの好感度に+100ポイントほど加わりました。

そんな楽しい宴も、5:30頃になって終わりを告げ・・・というよりも、どうしても終わらないとヤバイという時間になったようで、
涙香氏が「今日はこれで終了。みんな来年もこのイベントしたいと思ったら、今日はもう帰ろう」と、
普段のDJイベントとは逆に諭しておられました。←いつもはむしろ涙香氏が長引かせる傾向(笑)。
でも私思うに、たぶん苗場なら、涙香氏が会場からいなくなって音楽が止まって、バリさんか誰かが一言「今日は終わりでーす」とおっしゃれば、
みんなサーと帰りそうな気がしました(笑)。
ほんとは一言だけクマさんに、今日のお礼と挨拶をしたかったのですが、先にクマさんに挨拶しに行った仲間いわく、
「ほんとに時間なさそうで慌てておられた」とのことだったので、「楽しかったです、ありがとうございました」も言えなかったのが少し残念ではありましたが、
そのまま友達と一緒に私たちもサーと帰りました。

今回のDJイベントは、ほんとにすごくよかった!
ソウルテムポ色が強かったのが、ライヴとは全然違うお楽しみ会なんだという雰囲気を強くしてて、
例えばライヴに来たわけじゃないスキー客の人がいらしても、特に前半の洋楽部門なら、何の違和感もなく一緒に楽しめるんじゃないかという気がしました。
その門戸の広い感じが、すごく私は好きでした。
やー楽しかった!
DJさんていうのは、魔法のお仕事ですね!
よく知ってるはずの2つとか3つとかの曲が1つになると、知ってるのに全く別物になって、
いくつも違うフレーバーで楽しめるっていうのは、ほんとにマジカルだと思います。

DJのみなさん、出演者のみなさん、スタッフのみなさん、
とっても楽しかったですありがとう!
スポンサーサイト
【2007/03/12 02:49】 | セルゲイ苗場25日 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<セルゲイ島根<出来事集> | ホーム | 苗場25日ライヴ後お楽しみ:バリさんDJイベント編1>>
コメント
さすがmaiさん!苗場が蘇ってきますねぇ。
てな訳で、私も25日あの場にいました。
そして、maiさんが椅子スペースで涙香氏の頭頂部を見たり、黒ぽんらしき人物を見掛けた頃、まさにその渦の真ん真ん中から脱出不可能な事態に陥っていました……(涙)
踊れないクラブはクラブじゃないんだーー!
と、思いつつ、私も「あ、涙香だ!」と思いつつも気付いてない振りをして一緒に踊った方が楽しいと思う一人です。
あ、ネタ古くなっちゃいますけど、自威究氏の「いろは」めっちゃ良かったですねー!
あれは本当に衝撃的で、度肝を抜かれましたよ。改めて「いろは」が好きになった瞬間♪

でも、確かにとっても楽しかったですね!
楽しみにアップを待っていた甲斐がありましたー。
【2007/03/12 23:39】 URL | 朱音 #-[ 編集]
私ね、涙香がフロアに出てきた時にお嬢の隣にいたよ?(笑)
で、「どうする?近くで見たかったら行ってみる?」って聞いたら、
「ううん、いい」とキッパリした答えが返ってきてね。
いつものmaiさんだ(* ̄▽ ̄*)と思ったのを覚えてるから。
2人とも足痛くて動けなかった時だっけ?
その後、二人でハラハラしつつ、ボーっと見守ってたかな。

> パッと見、黒ぽんぽく見えるのですが、その謎の人物はものすごくリズムにぴったり乗っていて、
> ソウルフルでカッコいい動きをしているのです。
そうそう!言ってた言ってた(≧▽≦)
私がよく見えなくて、「あれ黒ぽん?」って聞いたら、
「動きがカッコイイから違う」って答えが返ってきて、窒息しそうになるくらい笑ったもん(笑)
> 黒ぽんだった!!
ってわかった後も、「じゃあ、なんでステージでは…」みたいに衝撃受けてたのも笑ったわぁ。
愛が溢れてました。ある種の愛が。

一緒にお立ち台(笑)してた時にmaiさんはこんなこと思ってたんだ…と、楽しく読ませてもらいました。
ありがとう。
来年も行きたいね(≧▽≦)
その時はよろしくお願いいたしますm(_ _)m
【2007/03/13 00:23】 URL | 同行者 #TvKKL5hQ[ 編集]
初めまして!いつも楽しく読ませていただいています。私は24日に行っておりました。
じつはkumaさんは初め24日に出演と伺っていたので楽しみにしていたんですが、24日の苗場に向かう新幹線の中でゴス友さんに「25日に変更になったようです」と聞いてがっかり。その後お店にお邪魔した時にいろいろお聞きして、重ね重ね残念でした。その時がどんなに楽しかったか、こちらで読ませていただけて嬉しかったです。(しかも文才あふれるmaiさんのブログで)ありがとうございました。
またお邪魔させてください。
【2007/03/13 23:45】 URL | hiro #-[ 編集]
朱音さん、同行者嬢、hiroさん、ようこそおいで下さいました!
季節外れの苗場話につきあって下さってありがとうございます!

朱音さん>
あぁあ!そうでした!!
前日にKさんから、「明日は朱音ちゃんが来ますよ~」と聞いていたから、
お名前の読み方もわかったし(笑)、明日こそ挨拶をと思っていたのに!
苗場、泊まるから時間がいっぱいあると油断していたら、
以外にも1日24時間しかなくて(それは苗場関係ない)、
同行した仲間以外とは、あんまり話せなかったのが唯一の心残りです。

朱音さんは、あの時真ん中へんにおられたのですね!
わからなかったです~!←当たり前。
自威究さんの「いろは」、やはり朱音さんも!
あれはほんとにカッコよかった!
ものすごく洋楽っぽい「いろは」になってて、
他の洋楽の時と同様に自然にカラダが動きましたし、
自威究さんのDJテクにうっとりでございました!

楽しみに待ってて下さってありがとうございました!
朱音さんに喜んでもらえて、私もカエルの物真似をするほど嬉しいです!
↑どんな。

同行者嬢>
あれッ?!
ごめんなさい勘違い。( ̄▽ ̄;
何だか、嬢が席を外してる時に、「あ!これは嬢に言わなきゃ!」と
思った出来事があったような記憶があったから、
てっきりこの時だとばかり思っていました。
あれは何だったんだろう・・・。←思い出せそうな見込みなし。
涙香が出て来たのは、私たちが後ろに行ってから
結構すぐだった気がするから、
たぶん座ってモハモハしてたあの時だと思う。←何の擬音。

黒ぽんは、ほんとにわからなかったのー。(笑)
だってあの動き・・・←未だに納得いかないらしい。
K-WONさんとかみたいな、最新ヒップホップ系の動きに見えたから、
しかもものすごく上手かったから、もう絶対違うと思ってた。←何。
近くにいた知らない人が、「あれ黒ぽん黒ぽん!」って友達と
話してるのを聞いた時も、ココロの中で、
「えー。うーそだーい(・▽・)」と思ってた(笑)。←やなやつ。
でもほんと、愛は溢れてますから!
そんな黒ぽんが大好きだから!
・・・でもあれ、実は声だけサンプリングしたCDで、
Jammerさんが踊ってたとか・・・ない?(・▽・)←まだ若干疑惑(笑)。

ほんとに楽しかった!
今年も何から何まで(それは本当だ!)どうもありがとう!
来年も行きたいね~!(≧▽≦)
こちらこそ、その時はよろしくお願いします!
次は遠目でも黒ぽんを見分けてみせる!←その決意は不要。

hiroさん>
初めましてー!
立ち寄って下さって、とっても嬉しいです~!
hiroさんは24日におられたのですね!
24日のDJさんはCHAPさんとバリさんしか見られなかったのですが、
感想文を書きながら、もしかして25日とは違うメンツの
テムポDJさんたちが24日にもいらしたのかもと思いついて、
今更ながらに少し無念です。←未練がましい。
そして、kumaさん、当初は24日出演予定だったのですか!
うわー!
24日だったら、たぶん気付かずに見逃してしまっていたかも・・・
危ないところでした。
kumaさんはMCも含めると、かなり長時間ステージにいらしたので、
kumaさんファンの我々としては、とっても得した気分でした。
kumaさんのMCもDJパフォーマンスも、クラブの空気感を大事にしつつ、
当日の客層に合わせたものになっていて、さすがkumaさんと思いました。
hiroさんと同じ日にkumaさんにわーと言えなかったのは残念ですが、
きっとまたkumaさんのDJを聞きに行く機会も
まだまだ何度もあろうかと思いますので、
今度は同じ日にわーと言えるといいなと思います。←?
おおお!hiroさん、kumaさんのお店の常連さん(?)なのですね!
いいなあ行きたいなあスティーヴィーズ。

文才なんて素敵な言葉を頂くのは赤面の限りですが、
hiroさんに気に入ってもらえて書いた甲斐がありました。
またいつでもお気軽にお立ち寄り下されば嬉しいです!
【2007/03/15 13:51】 URL | mai #ncVW9ZjY[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maibird.blog77.fc2.com/tb.php/6-5f3a849b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。